トラブルさえも想い出になった熱川旅行

今から9年ほど前、初めて姉妹で伊豆熱川へ行ったときのことです。
4月の始めだというのに、その日はまるで台風が訪れたかのような強風と雨に見舞われて、最寄りの駅に着くまでに傘が壊れる有様でした。
やっとの思いで東京駅へ着いても天候は変わりません。伊豆へ向かう踊り子号に乗って一安心したのも束の間、横浜駅に到着すると列車が止まってしまいました。
東京駅を出発する時点ですでに遅れが生じていたため、お腹が空いていた私たちは駅弁を食べながら列車が動くのを待っていましたが、1時間経っても2時間経っても
全然動く気配がなく、そのうちに車内アナウンスも流れなくなりました。
やがて、伊豆へ向かう途中の駅と駅の間で起こったトラブルのために運行再開が未定と分かり、私たちは踊り子号を下車して新横浜へ向かいました。新横浜から新幹線で熱海へ行き、そこから伊豆急の普通電車に乗ろうと考えたのです。
この決断が大当たりでした。まず運良く新横浜へ向かう電車がすぐにあり、新横浜からも15分ほど待ったところで新幹線に乗ることができ、すぐに熱海へ到着しました。熱海で伊豆急が動いているのを知ったとき、そして電車に乗って動き始めたときには、これでやっと熱川へ行けると思いホッとしました。
伊豆急の車窓から見る海は強風でかなり荒れてはいたものの、空はだいぶ明るくなってきて景色を楽しむことができました。
そして予定よりもだいぶ遅れて熱川のホテルにチェックインし、まずは疲れた体を癒すために露天風呂に入ったのですが、やっとの思いでここまで来られた安堵感や
露天風呂から眺めた景色の美しさは今でもよく覚えています。また、その夜の食事の美味しかったこと!かなりの量でしたが、伊豆名産の魚料理はどれも新鮮で美味しくて一気に食べてしまいました。
翌日は天気が回復し、バナナワニ園に行ったりお土産店を回ってお土産を買ったり、海のほうへ向かい足湯をしたりと、短い滞在時間をフルに楽しみました。
1泊旅行は本当にあっという間で、帰りの列車に乗る時はとても名残惜しかったですが、絶対にまた来ようと決めて帰りました。
予定通りいかない行程ではありましたが、やっとの思いで着いたからこそ、そこで見る景色や体験したことの一つ一つが輝いて見えたのだと思います。トラブルも含めて、今となっては懐かしい想い出です。

女6人まったり温泉旅 in箱根

3月、中高の同級生6人で箱根旅行へ行ってきました。温泉に入ってまったりしたい、ということで集合時間と宿しか決めず旅行当日。お昼ご飯を食べながら行き先を話し合い、初日は強羅公園のクラフトハウスでそれぞれフラワーアレンジメントと吹きガラスの体験、2日目は寄木細工作り、というものづくり旅行に決定しました。
強羅公園から強羅駅までの下り道では、先頭を歩く私の目の前を茶色くて大きな動物が横切りました。「え、いのしし?」と消えた方向を追ったものの見つからず。友人達は口々に「いや、私は見てない」「大きい犬じゃないの」と適当な返事でしたが、その後、全員が見ている目の前を再度いのししが通り過ぎ「信じなくて悪かった」と謝ってもらいました。
宿では6人で露天風呂を貸し切れたのが何よりも楽しかったですね。中学生の頃には考えられなかった、社会人としての苦労話を面白楽しく温泉に浸かりながら話しました。
この旅行で1番記憶に残っているのは、宿泊した宿の女将さん。入り口に浴衣が置いてあり「どれも同じサイズなのでお好きなものを」とのことだったのですが、明らかに大きさがバラバラでした。もう一度戻って取り替えようとしても「全部同じサイズですから」の一点張り。食事の時にはお盆を畳の上に置き、そのまま出て行ってしまったので自分たちで「置き場所とかあるのかな」と言いながらお皿を並べました。食べ始めてから「こちら前菜です」と出てきたのも面白かったですね。女将さんの態度は気になりましたが、それよりもこれらのことを笑って話せるメンバーと旅行に行けたのが何よりも嬉しいです。

こんな絶景みたことない

先月、広島県から愛媛県を結ぶ複数の島をサイクルリングするしまなみ海道の旅に行ってきました。友人から誘われて若いうちに行きたいなと思っていたところだったので、いい機会だと思い行ってみることにしました。普段から自転車を乗っているので、大丈夫だろうと思っていましたが、まずロードバイクで移動をすることの難しさを感じました。その上、島と島を橋で渡るので、それまでのアップダウンが激しい山を登ったりして、思った以上に過酷でした。しかし、それを乗り越えた後はそれ以上の喜びでその景色には感動しました。天気も良く、日の光でキラキラ光るグリーン色の瀬戸内海の美しさや風をきりながら走り抜ける坂道は最高でした。広島のお好み焼き、愛媛のレモンや八朔などの産物もとてもおいしく、夜は民宿に泊まったのですがお魚も新鮮で最高でした。初心者だったので、1泊2日でゆっくりと時間をかけてしまなみ海道を走りぬけたのですが、最後の目的地についた時の達成感は半端ないものでした。汗をかいたり、筋肉痛になったりしましたが、自分との力勝負みたいな所もあって強くなれた気がしました。今までにはないサイクリングの旅は、また違った旅行を楽しめ充実感のある国内旅行になりました。

京都は気軽に行けるけど必ず感動できるのでオススメ

思い立って3月に初春の京都へ行ってきました。
みっちり1泊2日。始発の新幹線で行って終電1本前で帰ってきました。

新幹線の中で最初の行先を決めて9時前には嵐山に。渡月橋をわたって法輪寺。空いています。狙った通りの静寂。
紅葉や桜、もしくは雪の季節だったらなお絶景だっただろうけど、それだとこの落ち着きはなかっただろうなと思うと満足です。
天龍寺の天井の雲竜画をぼんやり眺めて日本庭園でまったり。
竹林の道を通って、小倉山の山荘で抹茶を頂きます。
遠くに仁和寺の五重塔が見えます。
スタンプラリー的な観光は興ざめだと思っているけれど、行き当たりばったりでいろいろ歩いて廻るのはそれはそれで楽しいなと思いました。

お昼はもちろんお約束の湯豆腐。

祇王寺。ここは大当たり。苔が見事でした。
そして大覚寺。でかい池のほとりにあります。
ここで足が棒になったのでバスに乗って市街地へ。夕飯まで時間があるので、さてどうしようと思ったところにあったのが猫カフェ。せっかくだから寄ってみました。

ちょうど良い頃合いになったので先斗町の日本料理店に入ります。
季節のおすすめはとびきり美味しくて酒も進む。ちょうどいい気分になって店を後にして初日はおやすみなさい。

翌日は電車で京都駅前に戻って渉成園の庭園巡りです。ここは駅から近いのに静かで空いていて穴場でした。
昼はせっかく京都に来たので天下一品ラーメン。味は東京と同じだけど店は小汚くて一駅ごとに支店があり風情があります。 八坂の塔、三年坂のあたりをぶらぶらしているといつの間にか人並みに飲まれて、 気が付くと清水寺に。今日はメジャースポット巡りとなり、高校の修学旅行がフラッシュバックします。
よーじやを眺めながらちょっとコーヒーを飲んで休憩しつつ、近頃の修学旅行は4人の班ごとにそれぞれガイドが付くんだなと感心しました。
日も陰ってきたのでちょっとお土産を見つつ、夕焼けに映える八坂の塔のベストショットを狙います。 祇園を流して、河原町で洋食屋さんに入りビーフシチューを食べました。 かなり時間に余裕を持って京都駅に戻り、ビアパブにでも入ろうと調べたのに見つからず、まあ京都で外国のビールを飲むこともなかろうと、辻利の抹茶アイスを食べてまったりして、時間が来たので新幹線に乗ってさようなら。近いですね京都。私は関東からの旅行ですが、新幹線が頻繁にあるので実は気軽に何度でも行ける観光地で、いつ行っても楽しめるなと今回の旅行で実感しました。

気軽なのに安全 「Omiai」で今日から恋活を

アプリでの出会いは決して珍しいものではなくなった昨今ですが、やはり「出会い系サイトで出会ったみたいで人には言えない」「恋はしたいけど、そういうのはなんだか抵抗がある…」という方も多いのではないでしょうか。そこで、初めてアプリで恋活や婚活をしてみたい方におすすめなのが「Omiai」です。各種メディアでも取り上げられ、本気で出会いたい男女から支持を受けているこのアプリ、どんな特長があるのでしょうか?

 

・アプリならではの手軽さながら「お見合い」のように真剣に

最大の特徴なのが、フェイスブックを利用して登録をすること。フェイスブックといえば匿名はNGですし、一人で複数アカウントを持つことも出来ないのが特徴です。
そんなフェイスブックを経由しての利用になるため、登録の歳に名前などのプロフィールに嘘がつけないのがOmiaiです。

そのためOmiaiに登録されている人たちは真剣な方ばかり。データの信憑性も高く、出会い系サイトにありがちな「アダルト目的の男性ばかり」「プロフィールが嘘ばかり」ということがないんです。
本気の出会いを見つけたい人に支持されています。

 

・もちろんフェイスブックには投稿されません!

フェイスブックとの連携で不安なのが、Omiaiの利用歴が勝手に投稿されないかどうか…ですよね。最近のアプリは、設定を変えないと自動的に投稿されてしまうものも多くあります。
だけど、安心して恋活をしてもらうためにも、Omiaiの利用履歴がフェイスブックをはじめとしたSNSに投稿されてしまうことは一切ありません。周りに内緒で恋活をできるんです。

 

・安心して恋活をしてもらうために…

各種メディアや雑誌に取り上げられていることからも分かりますが、Omiaiは信憑性の高さが魅力。24時間の監視体制で、不審なユーザーは強制的に退会させられます。
また、名前はすべてイニシャル表記で、フェイスブックに登録している実名が知られることもありません。メッセージのやりとりには男女とも身分証による本人確認が必須なため、まさに「偽れない」アプリなんですね。

 

・いいね!から始まる出会い

出会い方は簡単。気になるお相手に「いいね!」を送り、相手からも「いいね!」が返ってくればマッチング成立です。ここで初めてメッセージのやりとりが可能になるので、タイプでない異性からメッセージが来ることがなく、効率的に恋活をできるんです。
気軽なのに安全、そして本気の恋活をしたい人たちが集まるアプリ、Omiai。はじめての恋活を安全にスタートしたい方に、ぜひおすすめしたいです。普段の生活で出会えない…そんな悩みをお持ちのみなさん、今日から始めてみてはいかがでしょうか。

本気の婚活、ゼクシィ縁結びで始めませんか?

結婚をしたくても、相手がいない、そもそも恋愛につながる出会いすらない…。そんな方におすすめなのが、あのゼクシィの婚活アプリ「ゼクシィ縁結び」です。価値観を大切にした婚活で、自然体でお付き合いできる相手に出会える、そんな定評のあるこのアプリをご紹介します。

・ゼクシィ縁結びとは?条件で相手を探すのに疲れた方へ。

婚活サイトで特に女性なら誰もがすることが、年齢・年収・身長で相手を検索し、それに合った人を今度は顔写真などで判断していく…そんな選別作業です。
婚活というよりも、条件に合うかどうかひたすら見極めるための作業のようで、疲れてしまう人も多いのではないでしょうか。

ゼクシィ縁結びは、年収や身長などの数字よりも、お互いの価値観を大切にしています。
価値観診断という独自の細かな心理テストがあり、その結果が近い異性を紹介してくれるんです。また、閲覧した異性の傾向をしっかり記憶して、使うほどに精度が上がっていくのも魅力です。

・メッセージやりとりは有料だからこそ、本気の人たちが集まります。

無料のサイトには「遊び相手程度でいいから出会いたい」「アダルト目的」「いいね!を集めていい気分になりたいから」など、婚活以外の理由で登録するユーザーもいます。

ゼクシィ縁結びは、気になる異性とメッセージをするのには、男女とも有料会員登録が必要です。男性だけ有料というサイトが多い中、女性も有料なのは珍しいですよね。
その分、男性も女性も、本気の婚活をしたい人だけが集まるんです。

ほとんどの会員が半年以内に出会えている理由は、ユーザーの結婚に対する本気度が高いから。無料サイトでは出会えない人に出会えるのが嬉しいです。

・システム任せでなく人の目できちんと管理されているから、安心して使えます。

登録には身分証による本人確認が必須なため、男女とも自分の年齢やプロフィールを偽ることができません。アプリながら信憑性が高いのが安心です。

そして、アプリのシステムだけでなく、実際にコンシェルジュが二人の出会いをサポート。
マッチングで出会ってデートをすることで合意した二人が、お互いに連絡先を交換せずに会うことができるよう、間に立って調整してくれるんです。

会ってみたら違った!ということになっても、連絡先を教えていなければ、後々しつこく連絡が来たりすることもなく、不安もありません。
会ってみないと判断できないこともたくさんありますよね。
いかがでしたしょうか。ゼクシィ縁結びの特徴は、システム任せでない、気持ちを大切にした婚活をできること。条件で相手を探す日々に疲れた人は、ゼクシィ縁結びで、自分の価値観に基づいて出会う婚活を始めてみてくださいね。

若い人にオススメ、タップル誕生

タップル誕生とは、サイバーエージェントグループが運営するアプリです。アメーバブログから若い女性が多く登録されています。女性誌に掲載されている事から女性の登録が多い事が伺えます。知名度の高さを誇るアプリで毎日10万人以上のマッチングが成立しています。

 
検索からタップル誕生までのステップは、自分の興味があるものをタップします。次は好みの男性を選んで、自分の良い所を最大限発揮してアプローチをしましょう。相手からありがとうがもらえればタップル誕生となりメッセージのやりとりができます。メッセージのやりとりをする時から有料会員にならなければなりません。他のマッチングアプリより月額料金が安いのも魅力です。表示された相手をまずは、顔やプロフィールでピンときたならyesを選んでマッチングしていきましょう。下手な鉄砲数打ちゃあたるといった感じでマッチング成立数をあげていきましょう。この気軽さがタップルならではの良い所です。

 
マッチングが上手くいく確率が高いタップル誕生を利用すれば恋愛ベタのあなたに勇気と希望を与えてくれます。有料会員になって手当たり次第メッセージのやりとりをするも良し、本当に好みの人とマッチング出来きてから有料会員になってみるのも良いでしょう。操作も簡単で使い易いです。また、完全匿名で利用できます。不適切な内容の投稿をはじめ不正行為防止の為に24時間365日監視を行っており、ご自身のSNSに投稿されることもありません。安心、安全なシステムの上利用出来ます。

 
タップル誕生は、自分で条件に合う人を探す事はできません。好みの人が表示されるまで待っていなければなりません。一見デメリットのようなシステムですが、実社会でも運命の人は、突然やってくるものでバタバタ探していてもなかなか見つかりません。運命の相手をアプリにお任せして好みの人が現れるのを待つのもロマンチックですね。

 
タップル誕生で幸せになった人達のレポートを見ることが出来ます。マッチしてから2週間くらいでデートし実際に会ってみて良かったという人やまさかアプリで彼女ができるなんてと驚きの声もあります。なかには結婚しますなんて幸せな報告をしているカップルもいました。
タップル誕生では、趣味で繋がれるところが魅力です。お付き合いしても結婚しても同じ趣味があればずっと仲良くいられます。好きになってから相手の趣味に合わせてしまうとはじめは良いでしょうが後で墓穴をほってしまう事でしょう。その点お付き合いがマンネリしてきて会話がなくなってきても共通の趣味があれば盛り上がれる事間違えなしです。まずは、気軽に出会う事が大切です。

贅沢に映画2本観覧!

「名探偵コナン から紅の恋歌」と「美女と野獣」を、旦那と観てきました。
一日に映画を2本観るのは初めてでした!一本はレイトショーで観たので、1人1300円ととてもお得!

どちらも楽しみにしていた映画だったのですが、どちらも期待以上の出来でした!先に観たのは「名探偵コナン から紅の恋歌」です。小さいころから見ている「名探偵コナン」で、しかも大阪・京都の話。関西で生まれ育った私は、本当に公開が楽しみでした!
事件の難解さは申し分なく、平次と和葉、そして紅葉の恋模様にドキドキしました。秋設定ということで映像も美しく、とても見栄えのある映画でした。

「美女と野獣」も、幼いころアニメを見ており、公開告知をされた日からとても楽しみにしていました。アニメを思わせる演出や、実写オリジナルストーリーも含まれ、懐かしいと思いつつ、新鮮な気持ちもあったりと、とても不思議な気持ちでした。主役の二人の演技がとても良い!エマ・ワトソンも野獣も美しく、特にダンスのシーンはあまりに感動して泣いてしまいました。

楽しみにしていた映画が2本も観られて、とても充実した一日でした。

出会えた記事に感謝!私の掃除に対する意識が変わりました

「昨日掃除したはずなのになぜ床にホコリがたまってるんだろう…」

いつも自分の部屋を見て思っていたことです。しかし、不思議に思いながらもその答えを考えることなく、ただひたすら床のごみを掃除機で吸い取っていました。先日何気なく見ていた本に衝撃的なことが書かれていました。
よくよく考えれば確かにそう。
記事を読み、そんなことも考えずにただ掃除をしていた自分が恥ずかしくなりました。その記事の内容とは。
それは「天井に近いところから掃除をする」ということです。
例えば照明器具や窓の上、棚の上などがここでいう天井に近いところです。
ホコリは必ず上から下、つまり天井から床へと落ちてきます。
そのため、床だけ掃除してもすぐに上からほこりが落ちてきて汚れてしまうのです。私の部屋のようにすぐに床にホコリがたまる場合、天井側が汚れている可能性があります。これだといくら掃除機をかけても無駄なのです。
電気代をただひたすら消費しているだけになってしまう、節約したいのであれば天井に近いほうから掃除することを意識しなければなりません。
掃除機の電気代は30分で15円~20円程度といわれています。上記の掃除方法で2日に1度かけていた掃除機が3日に1度にかわったとなると…。少なくとも年間1000円の節約になります。掃除の方法を変えるだけならすぐにできることです。
このタイミングで出会えた記事に感謝し、これを機に掃除に対する意識して変えてみようと思っています。

ついに叶った念願の一人旅

僕は二月下旬に大学からの春期休暇を頂きました。そのため、僕は自分がためた貯蓄を使用して東京や静岡に旅行することにしました。行きは新幹線で行ったのですが、トンネルの内部ではスマホが使えないなどの欠点を発見したため、次回以降の旅行の参考になりました。東京に近づいたときに車窓から建物が多く見えたときの感動は今でも忘れられません。現地に到着後、僕は山手線を半周したのですが、その際に流れた駅のメロディが、かなり前に動画サイトではじめて聞いたものと完全に一致していてびっくりしました。また、その旅行の途中で、僕はアニメの聖地ともいわれている静岡の市に来ました。そこに行く際に乗車している電車の中で、僕は自分の住まいからさらに一人で離れていくというドキドキ感もかなりあって新鮮な経験ができました。到着した時、駅前の信号機が青になってる最中に何かの音楽が流れていた時は斬新だと思い、僕はそのメロディを心に刻みました。現地はアニメのモデルとなった建物や風景もあるほか、さらにはそのアニメのラッピングバスもあったため、実際にそれらを生で拝見し、さらにはなんとか時間を間に合わせてラッピングバスに乗車することができたときはとてもうれしかったです。帰宅したときは、また行きたいという強い気持ちが生まれたくらい素晴らしい体験ができました。